Web制作を行う全ての方へ

長期間の使用で重くなったFirefoxを一瞬で軽くする方法

firefox3以降使い勝手は良いけど、ソフト自体が重たくなるのをどうにか改善できないかとコンフィグの設定を色々変更してみたり、プラグインをインストールしてみたりするものの中々改善できなかったのですが、ようやくスパっと改善できそうな方法を見つけました。

そもそもfirefoxが重たくなる原因なのですが、使えば使うほどキャッシュが保存されていきそれの蓄積によって重たくなるのがほとんどの理由だそうです。
ならばそのキャッシュを直接削除してしまうという方法にたどり着いたわけです。

削除するファイルはご使用のOSによって格納場所が若干違いますが、windows7で例を挙げると
C:Usersユーザー名AppDataRoamingMozillaFirefoxProfilespgfilso1.default
というディレクトリ(フォルダ)に格納されている
places.sqlite
というファイルになります。

このファイルを削除することでfirefoxのキャッシュファイルが消えるので挙動が軽くなるというわけです。
削除後、places.sqliteは自動的に作成されますがファイルサイズは削除したものよりかなり小さくなっているはずです。
とはいえこの方法は重要なファイルの操作になりますので、どう作業を行う場合は自己責任の下で行ってください。
もしもこれが原因でfirefoxが起動しない、PCがおかしくなったといわれても当方では責任は負えません。

Ad



Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です