Web制作を行う全ての方へ

爆誕!3年後には最強のワイ!悩みを狙い撃ち!クリエイター200人祭りへの参加レポート

大阪で開催された「爆誕!3年後には最強のワイ!悩みを狙い撃ち!クリエイター200人祭り」(以下クリエイター祭り)にご招待頂いたので参加してきました!

デザイナー、プログラマー、イラストレーター、ライターなどクリエイティブな職種は多種多様ですが、クリエイティブならではの悩みは共通している事が多い割に、その解決策は人によって当てはまるものが違うため、解が見つけづらいです。

こういったものの多くは実際の現場で体感したり、先輩の声を聞くのが近道ですが、1人で活動するフリーランスであったり、現場にいても話が聞ける先輩がいない現場だとやはり難しいです。

このイベントではそれらの悩みや問題を解決してきた人が登壇するトークセッションであったり、参加者同士が悩みの解決策を用いて交流するセッションなどが主体となっていて、そういった解決策が非常に見つけやすいです。

また、クリエイター祭りの特徴として、トークセッションの登壇者は、すごく有名なクリエイターが前で話すではなく、最近まで悩みを抱えていた人がどうやってそれらを解決してきたかという今よりも一歩先を進んだ人の話を聞けるというところです。

凄いクリエイターだからできるのでしょう?といった感情は出にくく、むしろみんな同じように悩んで解決策してるんだという共感も得られるので、自分にもできるという自信に繋がりやすいです。

どういう人に向けたイベントなのか

冒頭で述べたように、クリエイティブな仕事をしている人は様々な悩みがあり、例えばそのひとつに、クリエイターはモノを作るだけでご飯を食べていけるか?というようなものがあります。

企業に属す方法であったり、フリーランスであったり、会社を作る方法であったりと生き方は様々ですが、どういった生き方でも自分で考えて行動する力は絶対的に必要で、ものを作る以外にマーケティングであったり経理であったり経営であったりとクリエイティブな事以外で考えることも多く存在します。

そのあたりをどう考えていけば良いのか?どういうふうに考えて行かなければならないのか?といったこともそれぞれのセッションででてくるので、これからクリエイティブな仕事をしていきたいと考える人にとっても価値のある話が多く、まだクリエイターじゃないからと尻すぼみする必要がなく、むしろそういう人たちこそ参加したほうがいいイベントだと感じました。

応援メッセージに関して

今回招待いただいた背景を少し書かせていただくと、もともと主催をされているカッシー( @strive )さんからクリエイター向けのゲストコメントを送ってほしいという依頼をいただいたからでした。

彼とは僕が大阪で初めて7年前に開催したクリエイター向け交流会( 過去記事:大阪でクリエイターのオフ会を開催したいと思います。それに当たっての解説・前置 )に来てくれたのがきっかけでそこからずっと仲良くさせていただいているのですが、今回こういった依頼をいただけたのはすごく嬉しかったです。

メッセージはイベントの告知サイトに記載されているのですが、ここに書いたとおり近年クリエイターになること自体のハードルは昔に比べて大きく下がっていると感じています。

僕がWebデザイナーになろうと思った頃はどこも実績3年以上とうたってましたし、他のクリエイティブな業界もかなり狭き門で業界に入ること自体が難しいという印象でした。さらにはフリーランスという生き方も余り認知されていないような時代でした。

ですが今はクリエイティブな勉強ができる学校が増え、未経験の採用も多く見かけるようになり、何よりフリーランスという生き方も少しずつ認知されるようになりました。

それ自体は良いことだと考えていますが、一方でなれる人が増えるということは自分にとってライバルも増えるということになるので、自分がクリエイターとして生きていくために何が必要かというのは非常に重要な課題です。

そういった事を聞ける場所はあまりないので、今回こういった形のメッセージを送らせていただきました。

イベントレポート

オープニングから動画が始まったのですが、これは主催のカッシーさんが作ったもので、以前事務所へ伺った時にお互いAffterEffectsを触っているという話で盛り上がり、イベントのムービーを作ると言っていたので、これか!って思いました。出来栄えはかなりかっこいいです。

そこからクリエイター多数決という参加型セッションで、スクリーンにお題が出るので、自分が当てはまる方を選択するというもの。

回答には自分が持っているスマートフォンを利用し、リアルタイムにデータを送ってすぐに集計を出すというものですが、これが結構面白かったです。

その後はトークセッションで、今回は4人の方が登壇されました。

  • 山本 まゆ ( @momongawbx ) さん(デザイナー)
  • 谷町 クダリ ( @TanimatiKudari ) さん(アニメ・漫画系イラストレーター)
  • ミナミ シゲユキ ( @pakopako4 ) さん (ビデオグラファー)
  • 高田 久紀 ( @hisaki_tkd ) さん(グラフィックデザイナー・講師・キュレーター)

フリーランスになるきっかけは人それぞれで、フリーランスになってからどうやって仕事を受注していくか?どうやって起動に乗せていくかは競合調査を行ったり、自身のWebサイトでの集客やブランディング力をあげるなど、様々なことを自分自身で考えて行動するに尽きるというのが、4人のお話で共通していることでした。

またセッションの途中にライトニングトーク(5分ほどのすごく短いショートセッション)もあり、人物撮影専門フォトグラファーで人間ラブドール製造所を提供しているアラタレイヤ ( @IroMonograph )さん、大阪枚方市のコワーキングスペースひらばを経営している岡田 ( @WEBDA0917 )さん

その後主催のカッシーさんの話しがあり、次に相談したいテーマごとに別れて話し合う参加型のセッションに。

これはフリーランスが売上を上げるには?フリーランスになるには?クリエイターとしての勉強法は?というような色々聞いてみたいようなテーマが用意され、自分がそれについて聞きたいことや、話し合いたいことに該当する場所へ集まって交流するもので、これは現状悩みを抱えている人にとって非常に有意義なセッションだと感じました。

その後閉会の挨拶へとなるのですが、その中で bibico さん ( @bibiccoo ) から来年は本イベントを東京でやる!という発表があり、ツイッター等で東京でやってほしいといった意見がちらほらあったので、これは非常に盛り上がりました。

会場の設置ブース

会場にはパンフレットの設置場所もあるのですが、名刺設置場所というのが会って、それが結構面白かったです。

他にもスポンサーブースも

カフェ交流会

本編終了後はカフェ交流会という懇親会に。お酒は出ずにオレンジジュースとサンドイッチで交流する形式なので、未成年の方でも気軽に参加できるのがすごく良かったです。

正確な数を聞いたわけではないのですが交流会に参加者が恐らく150人ぐらい居た気がします。イベントの懇親会でこの人数が残るのはあまりないと思うので圧巻でした。

お蔭でいろいろな人と名刺交換したり交流することができて個人的にもすごく楽しかったです。

最後に

ほんと招待いただいてすごく良かったです。

僕自身セミナーやイベントを主催することが多いので、参考にさせてもらおうと感じた部分が多かったですし、運営されている方々と普段から交流させていただいているので、皆さんの頑張りが目で見れてそれもすごく良かったです。

来年もクリエイター祭りが開催されることが決まったので(東京の告知のこと)ご興味あるクリエイターの方々は是非参加を決めておくと、普段なかなか得られない知識を得たり交流ができたりと貴重な一日になることは間違いないです。

最後になりますが、ご招待いただいた主催のカッシーさん、運営された皆さん、スポンサーの方々良いイベントをありがとうございました。お疲れ様でした。

当日のツイッターをtogetterにまとめました。当日の雰囲気はこちらで見られるかと思います。

爆誕!3年後には最強のワイ!悩みを狙い撃ち!クリエイター200人祭り 当日:togetter

Ad



Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です