Web制作を行う全ての方へ

売れるECサイト・ネットショップにする為に必要な事

E-commerce

インターネット上には沢山のECサイトが存在します。その中には当然「売れるサイト」と言われるサイトがありますし、サイトを立ち上げるなら無論皆さんはこれを目指すと思います。

では、売れるサイトを作るにはどうすればいいのでしょうか?

Index

  1. 1.売れるサイトに必要なこと
  2. 2.他のサイトとの差別化
  3. 3.最も大事なこと

1.売れるサイトに必要なこと

そもそも売れるサイトとはどういうことでしょう?アクセス数が沢山あって、月に数千万円売れれば売れるサイトでしょうか?それは確かに売れるサイトと呼べるかもしれませんが、もしかするとそのサイトは運営側にとって離脱率や直帰率がまだまだ高く、また、数千万円売れていても赤字で売れるサイトととは呼べないかもしれません。

僕自身が考える売れるサイトとはユーザーが買いたくなるサイトを指すのではないか?と考えます。訪問者数が少なくても「買いたい」と思うユーザーが沢山入れば購買につながりますし、アクセスが増えればそれに比例して「買いたい」と思うユーザーが増え、あとは「買いたいユーザー」を「買うユーザー」に変える事で必然的に購買数も増え、売れるサイトになる事でしょう。

では、その買いたいと思うサイトを作るにはどうすれば良いのか?という事になりますが、その為には同じ商品を売るにしても他のサイトと差別化を図り、ここで買いたいと思わせることが非常に重要になって来ます。

2.他のサイトとの差別化

例えば取り扱っている商品がブランド品や化粧品といった「欲しいけど価格が高い」というイメージの物であれば、一般の流通よりも販売価格を下げることで差別化を図り、「値段が高い」というハードルを下げて商品購入へ近づけることができます。
しかし、ただ値段を下げるという行為は「高いもの」というイメージを崩す行為になる為、ユーザーは「何かワケがあるのではないか?」といった懸念を抱く事になります。
その為、何故安いのか、保証はどうなっているか?と言った、ユーザーの懸念を取り除く理由を添えておくことは重要なポイントとなります。
こういった同じ商品を多数のお店が販売している場合は値段による差別化を良く見かけます。値段を変える以外でもプレゼントで良く使われるのであればラッピングに対応したり、名入れに対応したりと様々なやり方が考えられます。

では、肉や野菜、雑貨と言った、同じものでも複数種類がある商品の場合はどうでしょう?
写真、キャッチコピー、小見出し、などそれぞれのクオリティを上げることで大きく差別化を図ることができます。

写真

極端な例ですが、下記の写真ならAとBどちらが食べたいと思う写真でしょうか?

トマトAとB

ほとんどの人が明度彩度ともにバランスの良いBを選択すると思います。単純なことですが写真のクオリティを上げる事は非常に重要なポイントになります。写真を変えるだけでコンバージョン率(購買率)が上がったと言うケースは珍しく有りません。

キャッチコピー

ユーザーが商品の説明を読む前にまず目にするのがこの部分ですね。例えば

  • 甘みがぜんぜん違う!○○産トマトを限定△△個販売!
  • 産地直送!完熟トマト

といった、ユーザーの購買意欲をそそるコピーや、続きを読みたくなるコピーを付けることで商品自身に興味を持ってもらうキッカケになります。キャッチコピーが苦手という人でも、仕入先やバイヤーに意見を貰ったり、商品自体を自分が知る事でより良いキャッチコピーが書けます。

小見出し

商品の説明が長くなるとユーザーは文章が長いことにストレスを感じ、読み飛ばしを行う可能性が上がります。その為、重要な説明部分まで読み飛ばされてしまう可能性が出てくるので、小見出しを効果的に活用して伝えるべきポイントを記述しておきます。
人間は読み飛ばしをしていてもそれ自体に興味があると目に入る部分を印象として残す傾向にあります。
ですので、小見出しの部分の色や大きさを変えて目立たせることで、読み飛ばしながらでも目に入るようにしておきます。

トマト説明サンプル

3.最も大事なこと

どうですか?上記の事はそれ程難しいことではないと思います。難しくないことなので当然実施しているサイトは沢山ありますし、これからも増え続けることでしょう。こういうのはもう当たり前の事かもしれません。

ですが、もしあなたのサイトがまだ出来ていないのであれば、一度見直してみる価値はあると思います。そして何より大事なのは運営する側がインターネットを使って本気で物を売りたいと思う気持ちです。

WEBサイトはお店です。自動的に顧客を獲得してくるようなツールではありません。何をどうすれば今より良くなるか、売れるようになるかを考えていくことが必要不可欠です。

サイトの制作に関しては制作会社さんがやってくれます。ですが、彼らの仕事はあなたの持っているものを売るためのお店を作る事であり、売上を上げるという約束はできないと思います。

なぜなら、彼らはモノを売ることに関してのプロではないからです。ものを売るノウハウを持っているのは、やはりサイト運営者であり、商品を持っているあなたの会社自身です。自分たちの売上は自分たちで上げる必要があり、それをサポートしてくれるのが制作会社やSEO業者と呼ばれる人たちです。

相手に委ねるのではなく、協力しあい、案を出し合いながら良いサイトを作り、育てて行きましょう。それが何より大事です。

Ad



Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です