Web制作を行う全ての方へ

WordPressのお作法-テーマ作成時のテスト・デバッグについて WordBench大阪

第2回WordBench大阪に参加してきました。その中でみやさん(@miya0001)がお話されていたWordPressのお作法に非常に興味を持ったのでシェアしたいと思います。

  1. 1.テーマのデバッグに関して
  2. 2.theme-checkプラグイン
  3. 3.テーマユニットテスト
  4. 4.参考文献

1.WordPressのデバッグに関して

WordPressのお作法
スライド「WordPressのお作法:by miyauchi」

WordPressのテーマはかなりの数がインターネット上に公開されてますし、自身で作ることも可能です。ですがそのすべてが安全という保証はありませんし、エラーの出ている物Web上に公開及び納品すると言った行為は良い事とは言えませんね。

開発では特にデバッグやエラーチェックといったテストにかなり時間を割いています。

WordPressにはテーマやプラグインをチェックするプラグインが存在しており、海外ではダウンロードのランキング上位にあります。ですが日本ではそれほどダウンロードされておらず、それらに関する情報もあまりないのが現状です。

自身が作成するテーマやプラグインは是非チェックをかけてデバッグして下さい。

2.theme-checkプラグイン

テーマチェック
Theme-Check Plugin

テーマのチェックが出来るプラグインです。WordPress日本語開発チームのたいさん(@takepo)が日本語訳をしてれたそうで、まもなく本体に組み込まれる予定だそうです。これはありがたいですね。

theme-checkプラグイン使い方
使い方はプラグインをダウンロードしてインストールし、管理画面>外観>テーマから、Theme-Checkをクリックして実行します。ただし、これに関してはアップ前のローカル環境等で行い、実際の公開時にはプラグインを無効にするなりして下さい。

手順

theme-checkプラグイン使い方
次にチェックしたいテーマを選択してCheck it!をクリック。

theme-checkプラグイン使い方
エラーがある場合、上記のようにズラーっとエラーメッセージが出てきます。(記事書いてるのにこれはマズイですね。近々対応します。)

僕の場合は個人ブログですが、これを納品するとなると現実的ではありません。英語で書かれていると結構ビビってしまいますが、エラー内容を翻訳したり、検索を掛けてみると改善案が出てきたりするので、地道にデバッグしていくのが良いですね。

色々とやっていると、自分が次にテーマを作成する際にはデバッグのコツを掴んでいるので、エラーが発生してもそれが何を指しているかが分かったりしてスピーディにデバッグができるようになりますし、WordPress自体の理解度も深まります。

Twenty Eleven
尚、デフォルトで使用されているTwenty Elevenはエラーが出ません。
Twenty Eleven
素晴らしいですね。

3.テーマユニットテスト

テーマユニットテスト

上記まではテーマのバックエンド的な部分のテストに当たるかと思いますが、次はフロント側のいわゆる見た目のテストです。

文章の長短でどういった見え方をするのかというテストは何らかのサンプルテキストを埋め込む必要がありますね。これを逐一埋めていくのは結構な手間になります。しかし、この手間を省けるようなデータがめ組のWordPressマニュアルで公開されており、誰でもダウンロードして使うことが出来るようになっています。

これをインポートしてテストするのは非常に効率が良いです。

WordPressのユーザーマニュアルBeta
WordPressのユーザーマニュアルBeta:簡単クイック 基本マニュアル

上記バナーをクリックするとデータをダウンロードできます。ファイルはxml形式になっていて、WordPressのインポート機能を利用してデータを流しこむことができます。(※実際にはプラグインのWordPress Importerを利用しています。)

手順

ツール>インポートを選択
管理画面のメニューから、ツール>インポートを選択

インポート画面
インポートからWordPressを選択

今すぐインストール
プラグインがインストールされていない場合は、今すぐインストールを選択

プラグインの有効化
プラグインを有効化してインポートツールを実行をクリック

ファイルのアップロード
ファイルをアップロードしてインポート

インポート詳細画面
インポート詳細画面。特に手を加えずSubmitボタンをクリックすればインポートされます。

実際の画面
インポートが完了したら実際のページを確認し、視覚的におかしい部分が無いかチェック出来ます。

自分が予測していない動作をしないかという目視のチェックは非常に大事ですね。

4.参考文献

テーマの開発、デバッグ等は手間が掛かります。ですが、オリジナルの物を作るのは非常に楽しいです。是非一度はトライしてみて欲しいです

上記のようなこういったデバッグは他にも色々あります。もっと詳しく方は今回登壇されたみやさん(@miya0001)やプラグイン開発やWordPressの高速化で有名なをかもとさん(@wokamoto)、プラグイン開発者のまがりんさん(@jim0912)なんかが記事にしていますので、是非そちらもあわせてご覧下さい。

Ad



Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です