Web制作を行う全ての方へ

和のテイストデザインを京都を用いて考える

関西にある「和」を感じる街「京都」。仕事上でこの京都に関するランディングページを作る機会があったので参考にできるサイトを集めました。今後も使えるのでポストします。

京都の色彩

京都のイメージカラーとしては赤、黒、茶、紫、緑、ベージュといった色を連想します。茶や緑は趣きのあるものをイメージし、紫は伝統を連想させてくれます。赤は茶屋ののれんや舞妓さんの紅をイメージ出来ますし、黒は格調高さを際立たせ、それぞれが伝統の街「京都」を彷彿とさせる重要な役割を持っていると考えらえます。

背景も和紙をイメージさせる白からベージュあたりの淡いものを持ち込むと一層雰囲気が醸し出せますね。メインビジュアルに派手な金を用いる事で上品な派手さを演出する事もひとつの手段だと思います。
それぞれのバランスを考えながら上品にカラーリングを決めたいところですね。

パーツ一つ一つを作り込む

京都関連のサイトを見ていて思うのですが和を感じさせてくれるパーツがあちこちに散りばめられていることが多いです。扇、花びら、霞といった京都らしいパーツを様々な部分へ配置することにより一層「らしさ」が生まれます。当たり前の事ですけど、それぞれをきっちり作り込む事は少々手間が掛かってもやったほうが良いものに仕上がりますね。グッと京都らしさが出ます。演出ってこういうことを指しますね。

フォント

らしさを出すためにフォントの選定はかなりシビアじゃないかと思います。あまりに崩れたフォントを持ってくると折角のテイストを壊すおそれもあるので、きっちりとした、らしいフォントを配置させます。毛筆体や明朝タイプのフォントあたりを選定するのが良いですね。また、文字を魅せる事で格調高くデザインする事も可能だと思います。

写真について

京都の街は文化財指定のものが多く、街並み自体に風情があります。そのイメージをサイトで活かすためにも写真の選定は慎重に行うべきです。
サイトのテイストにもよりますが、背景がぼやけるものであれば当然メリハリをくっきりとした写真を選定し配置します。京都のサイトに限ったことではありませんが、不動産のサイトと同じく写真は非常に重要な位置づけになると思います。
「写真素材 足成」さんといった高品質のフリー写真サイトも有りますので色々見て選定したいところです。

参考サイトのご紹介

そうだ京都、行こう
そうだ京都、行こう

かにかくに
かにかくに

舞妓はん
舞妓はんオフィシャルサイト:ノエビアグループ常盤薬品工業

創業寛政二年 福寿園
創業寛政二年 福寿園 ※ieでしか見れません。

京都嵐山観光お寺 鈴虫寺
京都嵐山観光お寺 鈴虫寺

京都のWEBデザイン事務所::Subtonic
京都のWEBデザイン事務所::Subtonic

京都 ホームページ制作 (株)Web Design 我龍
京都 ホームページ制作 (株)Web Design 我龍

京都館 ~京都の新鮮な情報をお届けするアンテナショップ~
京都館 ~京都の新鮮な情報をお届けするアンテナショップ~

ホテルグランヴィア京都
ホテルグランヴィア京都

京都 デリヘル 京都御艶
京都 デリヘル 京都御艶 ※R-18

京都っぽいデザインでは有りませんが、気になった京都の大学webサイト2点
京都嵯峨芸術大学
京都嵯峨芸術大学

京都精華大学
京都精華大学

Ad



Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です