Web制作を行う全ての方へ

WEB製作者が使うグラッフィックツールそれぞれの特徴

WEB制作を行う上で外せないAdobeのグラフィックツール。皆さんそれぞれ得意としているツールが有るかと思いますが、それぞれ特徴が長所短所有り、どれが最高かというのは決められないですね。

今回はWEB製作者が使っているであろうフォトショップ、イラストレーター、ファイヤーワークスの3点についてお話ししたいと思います。

現在人気のソフトウェアは?

まず今回の記事に関して書こうと思ったのは、ツイッターと連携できるmeedaで、かしゅうさん(@daybreak_dawn)が「あなたがWebデザインをする時に、メインで使うのはどちらですか?」
というのを上げたのがきっかけです。今回の結果は若干ファイヤーワークスが人気な感じですが、フォトショップもほぼ大差がない感じでした。システム上2択しか選択できないので別の質問を作成し、イラストレーターとフォトショップ、どっちを使っているかという統計をとろうとしましたが、遅い出発な上に質問もかぶっていたため、残念ながら票をほとんど集められませんでした。

あなたがWebデザインをする時に、メインで使うのはどちらですか?(Y:Photoshop / N:Fireworks)
あなたがWebデザインをする時に、メインで使うのはどちらですか?(Y:Photoshop / N:Illustrator)

それぞれの特徴

さて、肝心なソフトの特徴をお話ししたいと思います。あくまで私自身が使用していてここが違うな?と感じた部分です。

Photoshop

Photoshop

WEBデザインをはじめ、イラストの彩色、エフェクトの作成、写真のレタッチなど様々な分野で活躍しているソフトですね。WEB制作の場合、写真素材やイラスト素材を扱い、且つデザインもするという面から全てを1本でまかなえるこのツールはかなり優れていると感じています。レイヤー管理も非常に分かりやすく、エフェクトを掛けるのもレイヤーウィンドウから直接掛けれるのでこの部分が作業で非常に助かる部分だと感じています。ただ、ピクセル単位でのレイアウト、デザインをするには少しやり辛いなという印象です。ピクセル図るにはものさしツールが必須なんでここをもっとやりやすくなればなーって思います。

Illustrator

Illustrator

チラシ、名刺などの紙媒体のデザインやイラストのデザイン等で長く使われているソフトです。パスツールを使って独特のイラストをかけるのが特徴ですが、WEB製作で使用することもできます。ベクターツールなので拡大縮小をしても荒がなく、きれいなフィックスデータを作成することが出来ます。ベベルやエンボス等のエフェクトをかけるといった処理がPhotoshopやForeworksに比べるとやり辛い感じがします。

Fireworks

Fireworks

ベクターデータ、ビットマップデータを両方作成できるツールで、PhotoshopとIllustratorの中間的位置にいる感じがします。もともとMacromedia社が開発・販売していましたがAdobeと合併したことで、現在はAdobeから発売されています。このソフトの特徴は
上記2点より動作が軽く、少々低スペックのパソコンでも快適に動作できます。また、レイヤーウィンドウを操作せずに、キャンバスに配置してあるオブジェクトを直接触ること出来る為、キャンバスだけでオブジェクトの配置が出来ます。
またエフェクトもキャンバス上でオブジェクトを選択し、右下にあるエフェクトウィンドウで簡単にエフェクトが掛けられ、作業効率はかなり高めのソフトだと思います。ただ、線をピクセル指定で拡大すると線自体がおかしくなったり、丸みを帯びたオブジェクトのクオリティが若干低かったりという難点があります。

考察

自分の観点で色々書きましたが、どのソフトも一長一短です。またどれも使いこなさないと行けないということでもありません。まだどのツールにするか悩んでる人は、とりあえずどれも触って向いてそうと思ったものをひたすら触ればいいと思います。
一つのソフトを使いこなせるようになれば、他のソフトも基本的には似たような動作で動きますので、すぐに使えるようになると思います。また、サブ的にでも他のソフトが使えればミックスして使ったりも出来て製作が楽しくなりますよ。

グラフィックツールはデザイナーにとって腕であり、ペンであり、無くてはならないものです。しかし、ソフトが使えるから仕事が出来るというものでもありません。あくまでソフトは自分のイメージしたものを具体化するためのものです。
ソフトを使いこなせるようになっても、そこから覚えることは沢山あります。慢心せずに一歩一歩努力していきましょう

Adobe Creative Suite 5 Web Premium Windows版

新品価格
¥198,950から
(2011/1/21 09:12時点)

Adobe Photoshop CS5 Windows版 (32/64bit)

新品価格
¥84,000から
(2011/1/21 09:06時点)

Adobe Illustrator CS5 Windows版

新品価格
¥70,740から
(2011/1/21 09:06時点)

Adobe Fireworks CS5 Windows版

新品価格
¥33,600から
(2011/1/21 09:07時点)

Adobe Flash Professional CS5 Windows版

新品価格
¥74,280から
(2011/1/21 09:25時点)

お役に立てたらお願いします🙇

Kyashで送金する

Ad



Comments

ac

いつもブログ読ませていただいてます~w 1週間に1記事みたいなこと言われてたのに 今回は間隔が短いっ!!って少し喜んでいます~w   なんかソフト経験の無いわたしの為に 書いていただいたような内容でうれしかったです~w (勘違いです、すみませんすみませんw) じっくり読ませていただきました! ありがとうございます~w   わたしはメインがイラレなんですが他ソフトのスキルアップしない または他ソフトを使わない理由を考えてみました。 結果は多少の不満はあるものの、現状で満足してる点が 大きいのかな~と思いました!   逆にこのソフトじゃないと実現できないとかの要素があれば モチベーションも上がったりするのではないでしょうか~。 あとは時観的、金銭的な余裕だったりもすると思いました!   とは言いつつも道具は全部使って一番良いのを選びたい欲張りなので 全部ある程度使い比べしてどれが一番自分にフィットしてるかを 判断してみたいと思います~^^/

YAT

Re:ac いつもご閲覧有難うございます。 今回の記事を書いたのは様々な要因が重なったため書くことを決めたかんじですよw 逆にいろんなところからネタを頂けてありがたいです。 おっしゃるとおり、このソフトならこれが出来る、このソフトにしか出来ないという機能も当然ありますが、それを記載してしまうと記事がどえらい量になるので今回は控えさせていただきました。 あくまでどのソフトにもメリット、デメリットがあり、それをどう使うかは個人のやり方と、こうったい見方がある寄って言う示唆が目的だった為です。 問題はおっしゃるとおり時間的、金銭的な問題も考えないといけないのでなかなか難しい問題ではあるとも思いますね。 試せる環境にいるのなら是非色々触ってみて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です