Web制作を行う全ての方へ

電子タバコじゃない、香りと風味を楽しむ「Frienbr フレンバー」

以前から気になっていた、香りを楽しむFrienbr(フレンバー)を、モニターとして頂いたので早速試しました。

いろいろな人に、「それなんですか?」「気になる!」という声を頂いたのですが、一言で説明するのがちょっと難しいので記事にまとめました。「あの時のあれはこれかー!」と思っていただけると幸いです。

  1. 1.Frienbr(フレンバー)とは
  2. 2.使ってみて
  3. 3.豊富なアイテム

1.Frienbr(フレンバー)とは

デザインとかコーディングとか、仕事をしていてちょっと一息!という時に、タバコやコーヒー、おやつといったものを摂取すると思うんですが、僕はタバコを吸わないので、大体コーヒーを飲んだりおやつを食べたりしています。

とはいえ、、コーヒーは作業中もだいたい飲んでいるので、休憩という区切りにはちょっと違うし、お菓子も食べながら作業してしまうし、タバコは吸わないし・・・。というのがあって、「何か気持ちの切り替えが出来そうなものって無いかな?」って思った時にこのFrienbr(フレンバー)というのを知って、気になっていました。

Frienbr(フレンバー)とはリキッドと呼ばれる液体を蒸発させ、水蒸気の味と香りを楽しむためのアイテムです。禁煙効果はないので、電子タバコとはちょっと違いますね。

ただ、利用時には水蒸気が外に出るので、タバコや電子タバコとは異りますが、カフェといったお店で利用する場合は、店内で利用しても良いか確認したほうが良いと思います。

香りの元となるリキッドは現在43種類ほどあり、その日の気分で変えれるのがいいなと思いました。手元にはまだメンソールとマスカットしかないんですが、バニラ、チョコレート、ライム、アーモンド、コーラ辺りが気になってます。

creativememomemoの井畑さん(@tihata)さんが書いてますが、ツナとかベーコンとかいうのもあって、これはどうなんだろう?感じてました。

2.使ってみて

もう辞めてしまって何年も立ちますが、煙草のようなキツさはありません。ほんとに香りを楽しむ為の物という感じです。

水蒸気が出るので、電子タバコの代わりとして利用するのは有りかな?と思いますが、電子タバコは僕自身が使ったことがないので、実際の違いはわかりません。

ちなみに僕は、たばこをやめる時ひたすら飴舐めてました。タバコ吸いたいなと感じたら飴を口に入れると言う感じで。あまりイライラというのは無かったです。

話がそれたので、フレンバーのことに戻ります。1日持ち歩いてどれ位持つのか試してみました。
フル充電の状態で、1日首からぶら下げて持ち歩き、アトマイザーに入れたリキッドが半分使ったかな?という感じです。ただ、届いて初めて使ったので、物珍しいのもある為、利用頻度は高かったと思います。バッテリー関してはまだまだ余裕でした。

使える場所は限られるものの、作業のリフレッシュには最適だなーと個人的に感じました。デザインもおしゃれで気に入ってる要因の一つです。

価格的には決して安いとは言えませんが、大人の嗜好品という意味では妥当かな?という感じがします。

3.豊富なアイテム

バッテリーやアトマイザー(リキッドを入れるパーツ)のカラーラインナップ、フレンバーリキッド(香りの元)の種類など、かなりの種類が用意されています。

自分好みのFrienbr(フレンバー)にカスタマイズして、自分の好きなリキッドを見つけて楽しめるのも僕にとっていいな!と思ったところです。

買ってみよう!と思われた方は、是非自分好みにカスタマイズしましょう!





THE Frienbr SHOP ザ・フレンバー・ショップ

Ad



Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です