Web制作を行う全ての方へ

WordPressをSNSにするプラグイン

http://buddypress.org/
WordPressをSNSにする目的があって色々探したんですが、どうもこれが一番良さそうだと思いインストールしてみました。

本体のダウンロードは下記へアクセス。
http://buddypress.org/download/
ダウンロード場所
上記のボタンをクリックし、ダウンロードします。その後ftpで自分のサーバーのWordPressが入ってるフォルダから
wp-content>pluginsへアップロードします。
アップロードしたらWordPressの管理画面からプラグインの有効を選択。
普通のプラグインの場合だとこれでプラグインが使えるようになりますが、このプラグインはまだやる事があります。
というのも、外観を決めるテーマがデフォルトの物だと、プラグインに対応していないため機能を使えないのです。
インストールするとテーマの中に
BuddyPress Default 1.2.4.1
というものがあると思います。これを選択すれば、ひとまず対プラグインに応したページでSNS化することに成功します。
しかし、この状態だとプラグインが英語の為すごくわかりづらいですよね。
これを日本語に対応させるものを作ってくれている人たちが居ます。

(BuddyPress 担当) WordPress 日本語版作成チーム
http://groups.google.com/group/buddypress-ja

このページの下のほうに「buddypress120-ja.po 」といったファイルが有るかと思いますのでそちらをダウンロード(ファイルの更新によりファイル名等が変更している場合があります。)
このファイルですが、実はこのままでは使えません。
.poという拡張子のファイルになっており、この状態はエディタで編集が出来る状態で、実際にこれを使えるようにするには.moというファイル形式に変換する必要があります。これはmoというファイル形式になることで、コンピューターが理解出来るフォーマットに変わるのです。
そのためには

「Poedit」というソフトを使います。
http://www.poedit.net/download.php

このページからご自身のOSに応じたファイルをダウンロードし、ご自身のパソコンにインストールして起動して下さい。
最初に起動すると、言語の選択と、名前の登録、メールアドレスの登録が必要かと思いますので、そちらを完了させたら、
buddypress2
このような画面になっていると思いますので。画像の赤い部分をクリックしてファイルを選択し、青い部分をクリックして保存をクリックして下さい。
そうすれば読み込んだフォルダに.mo形式のファイルが出来ているはずです。
後はそのファイルをWordPressの
wp-content>plugins>buddypress>bp-languages
にFTPでアップロードすれば、管理画面上の英語がある程度日本語になるはずです。
あくまで作ってくれている方々は一般の方々なので、すべてが日本語になるわけではないですが、それでもかなり分かりやすくなったかと思います。
他にも色々設定があるのですが到底書ききれないので、今回はこの辺で・・・。

Ad



Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です